ブログトップ

まいにちのデザイン

kasaharad.exblog.jp

ホームページができました

ホームページができました.
そちらもどうぞよろしくお願いいたします.

http://kasaharad.petit.cc/


↓ブログ本文はこの下からはじまります↓
[PR]
# by kasahara_design | 2013-05-31 00:00 | その他デザイン

タイムスクープハンター「判じ絵」

NHKタイムスクープハンターの
新シリーズが先週から始まった.
時空をかける調査員は
要潤さんのはまり役だと思う.

今回のテーマは江戸の判じ絵.
現代より娯楽が少ない時代とは言え,
江戸時代の人の何事も楽しんでしまおうと
いう遊び心が本当に素敵.ユーモアが
詰まっている上に,誰もが楽しめる判じ絵.
互いに判じ絵を考えたり,解いたり.
お店の広告にも使われたという.
現代のグラフィックデザインにもつながる.

ドラマ(ドキュメント風)の主人公が
歴史上の人物や武士・捕物方などではなく,
もしかすると実際にいたかもしれない無名の
町人(庶民)なので,大変共感ができるし
感動する.撮影にも臨場感があって,
先人たちはこんな風に暮らしていたのかと,
その情景がリアルに浮かんでくる.
(↑落語とはまた違う楽しさがある)
これからのタイムトリップが楽しみ.
来週は明治初期のウサギブーム!
[PR]
# by kasahara_design | 2013-04-14 22:46

海老蔵さん「夏祭浪花鑑」

新歌舞伎座がついに開場! おめでたい.
6月に海老蔵さん演じる「助六」が気になる.
3月にテアトル銀座で海老蔵さんの
「夏祭浪花鑑」を拝見した.キリリとした
お顔立,大きくてスラリとした体型なので
何をやっても決まりますなぁ.
(この時にわかったのは,型と見た目も楽しむ
歌舞伎には双眼鏡が有効だということ.ホール
落語で双眼鏡を使うと,テレビで観ているように
なり,臨場感が失われてしまった(>_<))
海老蔵さんもさることながら,一寸徳兵衛を
演じた,中村鶴亀さんも大変素敵だった.
色気があって凛としているというのか,
観ているこちからが清々しくなる江戸の風.
その熱演からたくさんチカラをいただいた.
よっ「成田屋!」「播磨屋!」

今後,若手のさらなる活躍が本当に
楽しみな歌舞伎界.新しい歌舞伎座で
生でまた歌舞伎をたくさん観たい.
[PR]
# by kasahara_design | 2013-04-13 12:29

タダジュンさん版画展「こころ朗らなれ、誰もみな」

表参道のギャラリー山陽堂で,イラストレーター
タダジュンさんの個展を拝見しました.
伺ったの在廊日ではなく,残念ながらご本人には
お会いできませんでしたが,とても素晴らしい展示でした.
銅版画作品の原版展示など,その手法も包み隠すことなく
披露するタダさんの素敵なお人柄があらわれています^o^).
タダさんHPでは紙版画の手法が丁寧に解説されています)

マットな黒に吸い込まれそうなほど美しい版画の数々.
ざらっとした質感にもゾクゾクします.
クールだけどあたたかい,かわいくてかっこいい!
ギャラリー空間も素敵なのでぜひ!4月13日まで.

「こころ朗らなれ、誰もみな」タダジュン版画展
2013.3.27(水)−4.13(土) 日・祝日休み
平日 11:00−19:00  土 11:00〜17:00
ギャラリー山陽堂
[PR]
# by kasahara_design | 2013-04-03 20:17 | 展示

小三治師匠「やかんなめ」

4月に入り,ようやくポカポカと
暖かくなるかと期待していたけれど,
今日は花ちらしの冷たい雨。。
小さな時分からの雨男っぷりだけは
いまだ健在(イベント事はわりと雨)。。

夜,横浜・にぎわい座で小三治師匠独演会.
前座さんなしで,禽太夫師匠「千早ふる」.
風格・声量もある方でとてもおもしろくて
うまい.もっと寄席でじっくり聴きたい方.
(昨年聴いた「替わり目」も大変よかった)

つづいてお待ちかね,小三治師匠.
スカイツリー・花粉症の枕から「粗忽の釘」.
師匠の粗忽者噺は本当におかしい(^o^)
さっぱりとした,憎めないかわいらしいさ.
先日の「粗忽〜」喜多八師匠版と釘の出る
位置が違うけど,どちらも抜群におもしろい.

中入り後,もう一席は「やかんなめ」.
ばかばしいことを真剣にのおかしさ.
頭を差し出す武士,その頭をベロベロする
おかしさと言ったら.小三治師匠がやると
なんとも言えないおもしろさ!

会場をおひとりでひとつに,
ふんわり小三治空気で包んでしてしまう
師匠はやっぱりすごい.なによりご自身が
一番楽しんでいるように見えました.
(↑ひとを楽しませる極意かもしれない)
本寸の落語をたっぷり堪能しました.

ただ席がかなりうしろだったのが残念。。
先日観に行った歌舞伎の時に有効だった
小さな双眼鏡を控えめながら利用するも
落語ではあまり意味をなさなかった。。
師匠の楽しそうな表情はよく見えましたが。。

今日は新歌舞伎座開場の日.
末廣亭トリの雲助師匠は「花見の芝居」を
かけたとのこと.聴きたかったなぁ。。
さすが雲助師匠(>_<)
[PR]
# by kasahara_design | 2013-04-02 23:28